体験プログラム

  • 農林漁業
  • 自然
  • 工芸・創作
  • 歴史・文化
  • スポーツ
  • 産業

ワサビ栽培発祥の地「有東木(うとうぎ)」散策

体験内容

ワサビ田や茶畑の緑溢れる日本の原風景を味わいながら、集落を散策します。葉や茎のついた新鮮なワサビや苗を見ることができ、地元の人にワサビの栽培方法や栽培の歴史、食べ方などについて教えてもらいます。有東木の氏神である白髭(しらひげ)神社では、神楽や盆踊りなどの伝統芸能の説明をしてもらうほか、樹齢750年といわれる巨大な杉が見られます。

学習のねらいと効果

有東木の地域や、自然環境を活かしたワサビ栽培を通して、伝統技術や文化を守り、伝承していくことの大切さと、人と自然環境との関わり合いについて学ぶことができます。また、ワサビ栽培のきっかけや、徳川家康に愛好された当時の歴史について学ぶことができます。

事前・事後学習のポイント

事前学習として、有東木の歴史や良いワサビができる生育条件について学習し、有東木の自然環境や文化に対して理解を深めます。事後学習として、自分たちの地域で昔から継がれている産業や伝統文化の歴史などを調べて理解し、それを残していく方法を考えます。

地域の特色

有東木(うとうぎ)は、静岡市の標高約600メートルの山間にある農村集落です。きれいで豊富な水や恵まれた自然環境を利用してワサビが栽培されています。江戸時代から伝わるワサビ栽培発祥の地であり、有東木沢の源流に自生していたものを村人が採集し、湧水地に植え、繁殖したのが始まりです。駿府城に隠居していた徳川家康にも門外不出のご法度品として珍重されました。

安全管理

有東木は坂道が多いため、子どもたちの体力や体調、注意事項などを事前に確認を行います。体験場所が比較的広範囲なため、事前踏査を行います。足を滑らせやすい場所や車の通りの多い場所など、入念にチェックを行い、子どもたちに注意を促します。

基本情報

協議会(問い合わせ先)
しずおかの恵み体感協議会(静岡市)
体験場所(対応組織)
有東木集落(うつろぎ) MAP
時期
対応時間 9時〜17時
※10月〜3月は16時まで
定休日※応相談
人数最大140人
※梅ヶ島新田神楽体験、間伐材クラフト体験、しいたけ栽培体験、ヤマメ釣り&調理体験、安倍川水源散策、大谷崩散策のプログラムと組み合わせることで、最大130名程度まで受入が可能です。
所要時間標準60〜120分
料金 一人あたり 200円
屋内/屋外 屋外
避難場所 静岡市立大河内小学校有東木分校跡地グラウンド MAP
医療機関大河内診療所
対象科目 社会 理科 家庭 総合的な学習の時間

※記載の情報は、教育旅行として学校が利用する際の条件です。一般利用の際とは条件が異なる場合がありますのでご注意ください。

位置情報

体験場所

名称: 有東木集落(うつろぎ)
住所: 静岡市葵区有東木
海抜:524m
  • 徒 歩 4分
  • 駆け足 3分
  • 道のり 300メートル

避難場所

名称: 静岡市立大河内小学校有東木分校跡地グラウンド
住所: 静岡市葵区有東木775-2
海抜:560m