体験プログラム

  • 農林漁業
  • 自然
  • 工芸・創作
  • 歴史・文化
  • スポーツ
  • 産業

陶芸体験

体験風景1
  • 体験風景1
  • 体験風景2
  • 体験風景3
  • 体験風景4

体験内容

1キログラムの粘土(飯碗なら3個くらいが作れる量の目安)を使い、自由に作品を作っていきます。粘土は赤土と白土の2種類、釉薬は透明、白、黒、飴の4種類があり、オリジナルブレンドによる陶土での体験を行います。

学習のねらいと効果

土に触れ、釉薬(ゆうやく)が窯の中で化学反応を起こし色が変わる不思議を楽しめます。静かな山の中で心を落ち着かせ、自分と向き合いながらものづくりを楽しみます。直感やアイデアを形にすることで自分を見つめ直します。色・形が一つ一つ違う、世界でたった一つの作品に愛着をもつと同時に、職人の情熱や技巧の素晴らしさを感じます。

事前・事後学習のポイント

事前学習として、陶芸の成形方法(手びねり、ロクロ)、周囲に点在する窯のそれぞれの特徴(登り窯、穴窯、いってこい窯)について学習します。事後学習として、自分の作品を子どもたち同士で紹介し合ったり、全国の伝統的な陶磁器の種類や特徴を調べてみます。

地域の特色

伊豆高原のシンボルでもある大室山の麓に、林の中の散策路に沿って複数の陶芸窯が点在する場所があります。緑豊かな立地は、自然を感じながらゆっくり陶芸に励むのに適した環境だといえます。

安全管理

使用する道具の点検を日常的に行い、万全な状態を保ちます。粘土をこねる際には、成形に失敗してもつぶしてしまわないよう子どもたちに指示します。つぶした粘土の固まりの中に空気が閉じ込められると、焼成の間に空気が膨張して作品が爆発したり、周囲の作品にも影響が出たりする場合があるためです。体験中は、指導者2名が付き添います。子どもたちの人数に応じて指導者の数を増やします。

基本情報

協議会(問い合わせ先)
伊豆高原ペンション協同組合(伊東市)
体験場所(対応組織)
南大室窯 掌楽房 MAP
時期
対応時間 9時~17時
定休日
※正月・ゴールデンウィーク・お盆は休み
人数最大40人
所要時間標準150分
料金 一人あたり 2,000円
屋内/屋外 屋内
避難場所 伊東市生涯学習センター池会館 MAP
医療機関はぁとふる内科・泌尿器科伊豆高原
対象科目 社会 理科 図画工作 総合的な学習の時間

※記載の情報は、教育旅行として学校が利用する際の条件です。一般利用の際とは条件が異なる場合がありますのでご注意ください。

位置情報

体験場所

名称: 南大室窯 掌楽房
住所: 伊東市池614-161
海抜:280m
  • 徒 歩 8分
  • 駆け足 6分
  • 道のり 700メートル

避難場所

名称: 伊東市生涯学習センター池会館
住所: 伊東市池475-2
海抜:225m